インテリアコーディネーターの資格を取得すると、どんな所に就職できる?

インテリアコーディネーターの資格を取得すると、どのような企業や会社に就職することができるのでしょうか?

 

主にインテリアコーディネーターの資格取得者は、住宅メーカーやリフォーム専門会社、家具販売、設計・デザイン事務所などの職場で働いています。

 

主な就職先

この中でインテリアコーディネーターとして中心となっている職場は、住宅メーカーやリフォーム専門会社です。

 

インテリアについて深い知識を持っているインテリアコーディネーターは、内装や家具、照明器具、キッチンなどの設備をお客さまのニーズを汲み取ってコーディネートするのが仕事です。

 

お客様の好みは千差万別なので、自分の知識とスキルを活かして顧客が満足する室内空間をデザインしなければいけません。そのため、住宅メーカーやリフォーム専門会社では「センス」も求められます。

 

モデルルームのコーディネートも任せられることもあるインテリアコーディネーターは、そのセンスがとても重要視されるようです。センスがあってこそ機能性とオシャレを両立させる居住空間をお客さまに提案することができるのです。

 

また住宅に限らず、商業施設や公共施設、あらゆる建物のインテリアをコーディネートします。

 

インテリアコーディネーター自らが製図することもあるので、住宅メーカーやリフォーム専門会社で働く人は 2 級建築士の資格も併せて取得している人も多いようです。

 

家具販売店での役割

家具販売店や住宅設備メーカーを扱う会社に就職した場合、お客様へインテリア用品の選択をアドバイスします。ここでもインテリアコーディネーターとしての手腕が問われます。

 

各商品についての十分な知識を用いて、お客さまにその商品を室内に飾った時のイメージを持たせなくてはいけません。そうしたプレゼンテーション能力は、インテリアコーディネーター資格試験の二次試験でテストされます。

 

インテリアコーディネーターはこうした高い実務能力が求められるので、インテリア業界で活躍するためには取得しておきたい資格です。