インテリアコーディネーターの資格を活かすには?

インテリアコーディネーターの資格を活かすには、主に住宅メーカーやリフォーム会社、インテリアメーカー・家具販売店の仕事に就くのが良いでしょう。この中で最も一般的な就職先は、住宅メーカーです。

 

住宅メーカーが建てる家のインテリアや住宅計画に携わってアドバイスします。この住宅メーカーで仕事をしていると、図面を製作する機会が多くあるようです。インテリアコーディネーター試験でテストされた製図スキルを活かせる仕事の 1 つと言われています。

 

住宅メーカーはインテリアコーディネーターとしての仕事のほとんどを経験できる数少ない現場です。もし将来的にフリーでの活躍を視野に入れているのであれば、一度は経験しておくべき仕事なのでオススメします。

 

未経験者にとっての壁

住宅メーカーに限らず、インテリアコーディネーターとしての様々な仕事を探すには、求人情報サイトで検索すると多くの求人広告を見つけることができます。

 

しかし、実務経験なしでインテリアコーディネーターの資格を取得した人は、まずこの就職活動で壁に当たってしまうようです。

 

なぜなら、企業や会社は未経験者よりも実務経験者を優先して採用していくからです。未経験者がインテリアコーディネーターとして採用してもらうには、かなり厳しい現実が待っているようです。

 

このため、まずは実務経験を積むために事務職として会社に就職する人もいます。経験を積んだ後に、インテリアコーディネーターとして再就職を目指す方法も良いかもしれません。

 

インテリアメーカーと家具販売店

インテリアメーカーでは、ショールームで展示される商品についての豊富な知識を活かすことができます。専門業者も訪れることもあるので、より詳しい商品説明が求められることもあります。

 

また現在の大型家具店にはインテリア相談の専門ブースが設けられるようになってきました。これは最近、DIY のニーズが高まっていることが背景にあるようです。こうした専門ブースでインテリアコーディネーターとして勤務することも多くなっています。

 

これらの様々な仕事を通して、インテリアコーディネーターの資格を活かすことができます。