インテリアコーディネーター|仕事で辛いのはどんな部分?

インテリアコーディネーターの仕事だけではなく、どのような仕事にも辛い部分というのはあります。

 

こんなところが辛くて嫌!でも楽しいから頑張れる。というような部分が必ずあると思います。

 

実際に仕事を始める前から辛いと感じる部分を知っておくことによって、少しは心の準備ができるのではないでしょうか。

 

インテリアコーディネーターの仕事において、どのような部分が辛いと感じるのか見ていきましょう。

 

ここが辛い!インテリアコーディネーターの仕事

インテリアコーディネーターとして活躍されている方が辛いと感じている部分として、以下のような点があります。

 

・決まった時間に仕事が終わらないことがある
・人との関わりが多すぎる
・アシスタント時代が長い
・基本的に休みは平日となる
・アトリエ系は給料が安い
・男社会である
・忙しすぎて体力的に辛い

 

などなど、辛いと感じる部分はとても多くあるようです。

 

女性がインテリアコーディネーターとして独立するのであれば、結婚出産は出来ないに等しいとも言われています。

 

そのくらい忙しい仕事であるため、体力も重要となりますし、インテリアコーディネーターの仕事が本当に好きだという方でなくては務まらないとも言えます。

 

夜間に工事を行ったり、休日に打ち合わせをしたりということが多く、イメージは華やかでも実際はとても辛い仕事だというのが実情です。

 

人との関わりがとても多いために、常に気を遣って接するために精神的に疲労感が凄いということも辛い部分のようです。

 

ただ、勤務時間がバラバラであったり、土日に打ち合わせがあるということなどは他の仕事でも言えることです。

 

給料に関しても、本当にその仕事が好きなのであれば、特に問題視しない方も多くおられます。

 

辛いといわれている部分ばかりを見るのではなく、インテリアコーディネーターとしてどのように活躍していきたいのかという事を前向きに思い描いてみてはいかがでしょうか。