インテリアコーディネーター資格取得のためのおすすめ参考書は?

インテリアコーディネーター資格を取得するにあたり、教材選びは非常に大事なポイントです。なぜなら、教材が自分に合っていなければ効率性と理解度が落ちてしまうからです。

 

では、オススメの参考書にはどんなものがあるのでしょうか?

 

ハンドブックでいつでも学習

まず試験対策に欠かせないのが、「インテリアコーディネーター ハンドブック 統合版(上・下巻)」です。インテリアコーディネーター資格を主催しているインテリ産業協会が発行しています。

 

この教材を最初にオススメする理由は、インテリアコーディネーター試験で出題される問題は、基本的にこのハンドブックでカバーしている範囲から出題されるからです。またハンドブックなので持ち運びが楽ですし、外出先であっても空いた時間に読むことができます。

 

このハンドブックと併用できる iPhone・iPad・Android のアプリケーションがあります。それが「インテリア図鑑 暗記カード版 / 電子ブック( PDF )版」です。

 

ハンドブックの内容をそのまま暗記カード・電子ブックで学習できます。音声データ( MP3 )を利用できるので、効率的に暗記学習を進めることができます。価格は 3,800 円から提供されています。

 

次にオススメしたい定評を得ているテキストは、HIPSライセンス研究会の「かんぺきインテリアコーディネーター基本書『 ( B + A )× K 方式 』でゼッタイ合格( KOU BUISINESS )」です。

 

その理由は、多くの専門用語が掲載されていて、かつ簡潔に分かりやすく説明されているテキストだからです。実際に試験に合格した人たちからも非常に高い評価を得ています。

 

オススメの過去問題集

次に過去問題集でオススメしたい教材は、「インテリアコーディネーター 1次試験過去問題徹底研究」です。

 

その理由は、この問題集は過去 7 年間の一次試験で出題された問題を分野別でまとめてあり、各問題についての解答と解説が載っているので、学習した後の実力チェックに最適な教材だからです。レビューを見ても、「分野別になっているので弱点の把握がしやすかった」などの評価を得ています。

 

これらの教材で効率的に勉強して、インテリアコーディネーター資格の取得を目指しましょう。