インテリアコーディネーター資格の中で、おすすめはどれ?

インテリアコーディネーター資格は、インテリアに関わる資格の中で最も一般的な資格です。この資格は社団法人インテリア産業協会が主催しています。

 

これはインテリア業界で働くために必要とされる基礎的な知識とスキルを証明する資格です。合格率は約 30 %前後ですが、インテリアに関わる資格の中では最も難易度が低い資格と言われています。

 

インテリアに関わる資格は国家資格・公的資格は設けられておらず、今のところは民間資格のみです。

 

では、他にはどのような資格があるのでしょうか?

 

インテリアに関わる資格

インテリアコーディネーターの他には、「インテリアプランナー」「インテリアデザイナー」「照明コンサルタント」「 DIY(ドゥ・イット・ユアセルフ)アドバイザー」「キッチンスペシャリスト資格試験」「シックハウス診断士」「シックハウス診断士補」「リビングスタイリスト」などがあります。

 

定評のあるインテリア資格

これだけ数多くある中で、インテリアコーディネーターと仕事内容がほぼ同じでオススメできる資格があります。それは「インテリアデコレーター」という資格です。

 

実は「インテリアコーディネーター」という呼称は、当時の通商産業省(現在の経済産業省)の委員会で作られた和製英語で、欧米では「インテリアデコレーター」という呼び方が一般的です。

 

仕事内容にほとんど違いはないのですが、重視するポイントに違いが見られます。

 

インテリアコーディネーターは建築要素が強い仕事ですが、日本でのインテリアデコレーター資格は「日本の伝統文化や工芸・意匠・もてなし」などの “ 和 “ のコンセプトに重きを置いて室内空間をデザインするようです。

 

この資格をオススメする理由は、テーブルコーディネートやフラワーデザイン、日本の文化についての知識・スキルも習得することができる特徴をもっているからです。

 

またインテリア業界からも高い評価を得ている資格です。これらのコンセプトの違いを比較しながら、自分がやってみたい仕事・資格の取得を目指してチャレンジしましょう。