インテリアコーディネーター|仕事のやりがいは?

インテリアコーディネーターとして働く事を夢みておられる方は多いと思います。

 

雑誌やテレビなどでも、インテリアコーディネーターの方が活躍されている場面は多く見られますし、影響も受けやすいのではないでしょうか。

 

インテリアコーディネーターに限らず、仕事をしていく上ではやりがいを感じながら仕事をすることができるかどうかはとても重要です。

 

やりがいを感じる事が出来ない仕事は、楽しくありませんし続けていく事も難しくなります。

 

やはり働いていくからには、インテリアコーディネーターとしてのやりがいを感じつつ、楽しく仕事を続けていきたいものです。

 

インテリアコーディネーターのやりがいって何?

インテリアコーディネーターとしてのやりがいは、どのような点にあるのでしょうか。

 

・お客様に喜んでもらえたとき
・イメージを思い通りに形にできたとき
・センスが磨かれていると実感したとき

 

など、このような時にやりがいを感じる事が出来るのが、インテリアコーディネーターという仕事です。

 

どのような仕事もそうなのですが、やはりお客様に喜んでもらえたときというのは、やってよかった!頑張ってよかった!と、とてもやりがいを感じる事が出来ます。

 

それが、徹夜をして一生懸命考えたようなものであれば、尚更なのではないでしょうか。

 

お客様が喜んでくださるということは、お客様のイメージをしっかりと形に出来たということです。

 

「こんな感じのもの」「大体こんなイメージ」というような曖昧なところから、お客様と会話を重ねる中で試行錯誤し、それが形になった時、それだけでもやりがいを感じることが出来ます。

 

そこに、お客様の笑顔や感謝の言葉などをいただくことが出来れば、さらに大きなやりがいへと繋がります。

 

また、インテリアコーディネーターは様々な知識を身につける必要がある仕事です。

 

自分のセンスが問われることもありますし、インテリアとはまた別の知識を求められることもあります。

 

そんな中、日々様々な知識を身につけるために勉強を進めていき、それを仕事に活かすとき、自分のセンスが磨かれていると感じることができるのではないでしょうか。

 

美的センスというのは勉強して養われるものではなく、経験なども必要となることではありますが、自分の努力次第でセンスを磨くことも可能です。

 

お客様とのつながりの中でやりがいを感じていくためには、やはり勉強や努力は欠かせないものなのです。