インテリアコーディネーターの資格試験に受かるポイントは?

インテリアコーディネーターの資格試験というのは、インテリアコーディネーターという仕事に就く方にとってとても関係の深いものです。

 

インテリアコーディネーターとして働くために必須となる資格ではないものの、この資格を取得していることによって就職が有利になったり、お客様からの信頼を得たりすることが出来ます。

 

求人情報を見てみても、インテリアコーディネーターの資格を取得していることを条件として挙げている会社などは多く、その資格の価値の大きさが分かります。

 

合格率は低めだとされているインテリアコーディネーターの資格試験、合格するためのポイントなどはあるのでしょうか。

 

インテリアコーディネーターの資格試験に合格するための2つのポイント

「たった2つだけ?」と思われる方も多いのではないでしょうか。

 

インテリアコーディネーターの資格としては、社団法人インテリア産業協会が行っているインテリアコーディネーターの資格試験があります。

 

一次試験と二次試験の二つがあり、一次試験は学科試験、二次試験は論文・プレゼンテーション試験となっています。

 

二次試験を受験できるのは、一次試験を通過した方のみとなっています。

 

この資格試験の合格率を見てみると、一次試験の合格率がかなり低いのです。

 

二次試験を受験できるのが一次試験を通過した方のみという部分を考えても、一次試験の対策を十分に行っておく必要があると言えます。

 

1.過去問題集を繰り返し解く
2.一冊のテキストをじっくり読む

 

インテリアコーディネーターの試験に合格するためのポイントは、この2つのみです。

 

過去問題集はどのような試験であってもとても重要なものであり、どのようなタイプの問題が出やすいのかということが自然と分かるようになります。

 

何度も解いていく中で、分からない部分があればテキストに戻り、じっくり読んで理解できたらもう一度解き直してみるという方法はとてもおすすめです。

 

そして、その際に使用するテキストは、一冊で十分です。

 

何冊ものテキストを購入しても、結局分かりやすいテキストのみを読むことになりますし、何冊あっても内容はほぼ変わりません。

 

説明のしかたが分かりやすいと感じたものを購入し、その一冊をじっくりと読み進め、理解できるまで見直すことが大切になります。

 

この2点をしっかりと行えば、一次試験を突破することが出来るはずです。

 

ただ、自分の力だけで合格できるかどうかが不安という方は、講座などを頼ってみるのもおすすめです。

 

ユーキャンやヒューマンアカデミーなどで対策講座が行われていますので、活用してみてはいかがでしょうか。