インテリアコーディネーター資格試験(一次試験)の難易度は?

インテリアコーディネーターの資格試験には、一次試験と二次試験があります。

 

このインテリアコーディネーターの試験では、一次試験を通過しなくては、二次試験を受験することが出来ません。

 

そのため、一次試験の難易度が気になる方も多いのではないでしょうか。

 

一次試験の難易度を知り、試験対策や心の準備などに役立てていただければと思います。

 

インテリアコーディネーターの一次試験の難易度は?

インテリアコーディネーターの一次試験は、学科試験となっています。

 

形式はマークシート方式で、160分の試験です。

 

この一次試験を通過すると、二次試験に進めるようになります。

 

では、この一次試験の難易度を知るために、平成26年度のインテリアコーディネーター一次試験の合格率を見てみましょう。

 

平成26年度の一次試験の合格率としては、29.7%となっており、「合格率が低い」という印象を持たれる方が多いかと思います。

 

ですが、試験はマークシート方式であることや、合格ラインは総得点の70〜75%といわれていることから、しっかりと勉強していればそこまで難しい試験ではないといえるのではないでしょうか。

 

仕事をしているという方や、忙しくて勉強がなかなか進まないという方は、通信講座や通学講座などを利用して勉強を進めることもおすすめです。

 

講座であれば重要なポイントのみに絞って学習していくことが出来ますので、効率よく限られた時間で知識を身につけることができます。

 

試験範囲が広いため、独学で全てを学ぶ事は難しいとされているのですが、実際に独学で合格された方もおられるようです。

 

要するに「勉強の仕方」がポイントとなると思うのですが、無理なく学ぶために講座を活用するということも大切な選択肢だと思います。

 

通信講座であれば主婦の方や別の仕事をされている方であっても学びやすい仕組みとなっていますので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

 

難易度ばかりに気をとられることなく、自分が出来る勉強を一つずつこなしていくことが大切です。