インテリアコーディネーター資格の必要性

インテリアコーディネーター資格では、世の中ではどのように必要性が高まっているのでしょうか?

 

インテリアコーディネーターは顧客の求める室内空間のデザインを提案する仕事です。基礎となるインテリアに関する知識、製図スキルなどかなりの実務能力が求められる仕事です。幅広い実務が求められるのは、インテリアコーディネーターが担う役割があるからです。

 

それは、顧客と業者の間を繋いでコミュニケーションをスムーズに進めていくことです。パイプ役となるインテリアコーディネーターは、今やインテリア業界では必要不可欠な存在となっています。

 

仕事の土台となる「論理力」

インテリアコーディネーター資格試験では、一次試験と二次試験に分けられています。

 

一次試験では、インテリアや建築・環境工学、法規制などの時事問題が出題されます。

 

しかし、二次試験では現場で働くにあたって必須となるスキルがテストされます。それが「論文」と「プレゼンテーション」です。

 

なぜこれらがインテリアコーディネーターに必要とされるのでしょうか?

 

その理由は、この 2 つに共通する「ロジカルシンキング(論理力)」が現場で非常に重要視されているからです。インテリアコーディネーターに限らず、世の中のあらゆる仕事でこの「論理力」はビジネスマンとしての必須能力に上げられています。

 

ある企業では最優先する能力が「論理力」として採用基準を設けているそうです。

 

現場で求められる実務力

インテリアコーディネーター資格は、その「論理力」をある一定のレベルで有していることを証明する資格なのです。多種多様の室内空間をコーディネートする時は、専門知識がない顧客でも理解しやすいような表現で論理立てて説明しなければいけません。

 

また論理力だけでなく、コンサルティング能力、コミュニケーション能力、プレゼンテーション能力などの実務能力が求められています。

 

インテリアコーディネーターはこれらの多くの知識とスキルを持ち合わせているので、インテリア業界や住宅・建築関連業界からの必要性を高めているのです。