インテリアコーディネーターの仕事内容は?

インテリアコーディネーターの仕事は具体的にどのような内容となっているのでしょうか。

 

漠然とインテリアコーディネーターという仕事は分かっているけれど、結局なにをする仕事なの?と思われている方もいるかもしれません。

 

あまりに漠然としている中で就職してしまうと、後で「思っていた仕事とは違った」という理由でやめてしまう可能性もあります。

 

そこで、インテリアコーディネーターの仕事内容について見ていきたいと思います。

 

インテリアコーディネーターの仕事って?

インテリアコーディネーターの仕事は、主にお客様の要望を聞いて、それを取り入れながらインテリアを提案していくという仕事です。

 

どのように暮らしていきたいのかという点から、日常生活の様子や好きな色、インテリア、予算など、様々なことについてヒアリングを行います。

 

インテリアコーディネーターとして聞き上手でなくては、お客様の要望を全て把握することは出来ません。

 

小さなことでも、お客様の大切な要望である可能性が高いため、常にアンテナを張っておく必要があります。

 

インテリアコーディネーターの仕事の流れ

・お客様からのヒアリングを行う
・現場の確認を行う
・内装、家具、照明、素材、カラーなどを決める
・商品を選ぶ
・イメージを形にしてお客様に見ていただく
・商品の発注から契約

 

仕事としてはこのような流れとなるのですが、正式に契約となるのは随分後の話です。

 

お客様の要望を聞いた上で内装や家具、照明などを選び、プレゼンテーションを行い、気に入っていただけたら契約という形になります。

 

工事に立ち会ったり、事務仕事などを行ったりすることも、インテリアコーディネーターとしての大切な仕事となります。

 

お客様から要望を聞いて、「こんなのにしてみては?」と提案するだけが仕事ではないのです。

 

具体的にイメージを絵にしたり、商品を選んだり、サンプルを手渡したりと、インテリアコーディネーターとしての仕事はとても多くあります。

 

お客様との出会いから契約、アフターフォローに至るまで、長い時間と多くの努力が必要となります。

 

ですが、お客様から感謝されたり、イメージが形となって出来上がった時には、とても大きなやりがいと喜びを感じることが出来る仕事だと言えます。