インテリアコーディネーターの資格を取得するには?

インテリアコーディネーターの資格を取得する方法はいくつかあります。基本的には資格が無くてもインテリアコーディネーターとして働くことも可能です。

 

しかし、仕事のクオリティと信頼を得るためには、インテリアコーディネーター資格を取得することをオススメします。では、具体的にどのように取得できるのでしょうか?

 

実務で活かすための資格

必ず資格を取得しておいた方が良い人は、インテリア関連の実務経験が無い人です。未経験をカバーしていくには、知識を身に付けるしかありません。知識を身に付けるには、大学や専門学校、または通信講座を利用して勉強します。

 

そして、インテリアコーディネーター資格試験を受験します。インテリアコーディネーター資格試験は、インテリア産業協会によって実施されています。受験資格は特に制限や条件がなく、誰でも受験することが可能です。

 

合格率は 20%代を推移していて難易度は高めに設定されているようです。

 

資格取得には暗記と反復の勉強法

資格を取得するには、効率的な試験対策をしなくてはいけません。

 

インテリアコーディネーター資格試験は、家具やカーテンについての基礎的な知識から新しく制定された法律や建築・環境工学の問題など試験範囲が幅広いことで知られています。

 

試験対策のポイントは、各分野を的確にカバーしている通信講座や参考書選びが重要になってきます。

 

一次試験は主に基礎的な知識をテストする学科試験ですので、専門用語などを暗記しておく必要があります。しかし、二次試験は「論文」と「プレゼンテーション」の能力がテストされます。

 

論文はインテリア計画・家具・照明・色彩などの知識を論理展開しながら文章で表現する課題です。またプレゼンテーション能力は、課題に沿ってインテリアをプランニングして、顧客が満足できるような理解しやすい図面を作ることが求められるテストです。

 

どちらも時間内に正確に解答できるように練習を多く重ねて対策しなければいけません。これらの試験問題をクリアすることで、インテリアコーディネーター資格を取得することができます。