インテリアコーディネーター|仕事で楽しいのはどんな部分?

インテリアコーディネーターに限らず、仕事を楽しいと感じることができるかどうかは重要です。

 

就きたい仕事であれば楽しいと感じることは多くなると思いますが、仕事の楽しみをどの部分で感じる事が出来るのかという点は、人それぞれです。

 

インテリアコーディネーターの場合には、どんな部分を楽しいと感じている人が多いのでしょうか。

 

インテリアコーディネーターの楽しい部分は?

インテリアコーディネーターとして働き始めてから感じることが出来る、「楽しい」という気持ちは、どのような部分から引き出されるのでしょうか。

 

・色んなお客様との出会いがあるため終わりがない
・形がないものを作ることで達成感を得る事が出来る
・お客様に喜んでもらえること
・同じ空間がなく、飽きる事がない

 

など、このような部分で、インテリアコーディネーターの仕事を楽しいと感じる方が多いようです。

 

様々なお客様との出会いや関わりを持つ事によって、自分のインテリアコーディネーターとしての勉強が終わる事はありません。

 

同じようなイメージを持った方であっても、それを形にすることに関しては人それぞれです。

 

インテリアコーディネーターは、住宅のあらゆる面についての提案を行いますので、様々な知識や流行なども頭に入れておく必要があります。

 

また、お客様のイメージというのは、とても漠然としていることがほとんどです。

 

そのため、「なんとなくこんな感じの・・・」「こういったイメージの・・・」というような、曖昧で形のないものから仕事が始まります。

 

この形のないものを、お客様に喜んでもらえるイメージ通りのものに仕上げたとき、とても楽しいと感じる事が出来ます。

 

お客様に、「あなたに依頼してよかった」「とても素敵です」というような言葉をもらえたとすれば、インテリアコーディネーターとして自信もつくのではないでしょうか。

 

また、同じ家や空間、そして同じ人間は居ないため、飽きる事がないという点も楽しいと感じることが出来る部分です。

 

空間との関わりのように感じられるインテリアコーディネーターですが、その根本にはやはり人とのつながりがあるのですね。