最短でインテリアコーディネーターになるには?

最短でインテリコーディネーターになるには、効率の良い勉強方法を選択しなければいけません。短期集中なら通信講座や独学での学習方法があります。

 

通信講座と独学は、どちらも最低約 2 〜 3 ヶ月の学習期間が必要と言われています。これは 1 日に 2 時間勉強した場合です。

 

一番コストが掛からないのは独学ですが、独学ではどのように効率良く勉強を進めていくのでしょうか?

 

参考書を反復して暗記する

まずインテリアコーディネーター試験の合格者に共通することは、「テキストを反復して読む」「過去問題をひたすら解く」という勉強方法のようです。

 

なぜなら、インテリアコーディネーター試験対策では「暗記」がとても重要なキーワードになってくるからです。

 

一次試験は「インテリア商品と販売の基礎知識」「インテリア計画と技術の基礎知識」がテストされます。建築関連の知識も必要なので、専門用語の出題も多いようです。実務経験の無い人にとっては、この専門用語を覚えることに苦労するかもしれません。

 

一次試験に出題される問題は、テキストを繰り返し読んで内容を暗記することに尽きます。また内容が暗記できたら、過去問題を何度も解いて学んだ知識をアウトプットしていく作業が必要です。

 

この方法を繰り返すことでテストに臨める実力が付いてきます。

 

実践能力が求められる二次試験

二次試験では、「論文」と「製図」について出題されます。初心者にとっても最も難関なのは製図と言われています。インテリアコーディネーターにとっては必須のスキルである製図は、過去問題の模範解答を参考にして学習していきます。

 

なぜなら、問題が意図するところや傾向を理解するためには、最初から模範解答を見て図面を描く方がスピーディーに製図方法を身に付けることができるからです。

 

またもし身近に建築関連の知り合いがいるのであれば、製図方法についてアドバイスをもらうことも必要です。とにかく製図に関しては実践練習あるのみなので、経験を積むために問題を多くこなしていきましょう。

 

これらの方法がインテリアコーディーネーター資格試験を最短で突破する方法と言えるかもしれません。