インテリアコーディネーター資格の需要はどれくらいある?

インテリアコーディネーター資格は、いま人気のある資格の 1 つと言われています。なぜならこの資格はインテリア・建築設計士・顧客の間を繋ぐパイプ役を担う仕事なので、業界内でも非常に重要視されているからです。

 

では、インテリアコーディネーターの資格はどれほどの需要があるのでしょうか?

 

存在感高める資格

ひと昔前までは、建築設計士が室内空間のデザインのおおかたを作り込み、あとは顧客が好みのインテリア家具を選ぶというものでした。またそのインテリア家具や照明も種類が決まったものばかりだったので、顧客のこだわりはほとんど反映されていませんでした。

 

しかし、今では数え切れないほどの個性・価格も様々なインテリア家具が販売されています。またインテリアコーディネーターの誕生を機に、顧客も建築設計士へ自分のこだわりを室内空間のデザインに反映してもらいやすくなりました。

 

しかし、インテリア家具の種類の豊富さ、室内空間デザインの多様性が一気に広がったことで、顧客はどれが自分に合ったものなのか見出しづらい状況も同時に浮き彫りになってきたのです。

 

こうした状況の中で顧客のニーズに沿ったベストの提案をして、その存在感を高めているのがインテリアコーディネーターなのです。

 

顧客のニーズを汲み取る役割

インテリアコーディネーターは、顧客のイメージを引き出して具現化する為に「ヒアリング」を行います。十分に顧客の要望を聞き出して、出来るだけそれに近いイメージの設計図を作成します。この時に求められるのが、コミュニケーション能力と論理思考です。

 

インテリアコーディネーター資格を取得すると、これらのスキルをある一定のレベルで保証されることになります。なぜなら、資格試験の二次試験で「論文」と「プレゼンテーション」の課題をパスしなければいけないからです。

 

インテリアや建築に関する専門知識をどれだけ分かりやすい表現で論理立てて説明できるかが問われます。これらのスキルを用いながら、顧客が満足出来る室内空間とインテリア家具選びをサポートしていきます。

 

このようにインテリアコーディネーター資格は、レベルの高い実務能力が求められる資格です。そのスキルは業界内でも定評を得ているので、今後もさらに需要を高めていく資格になっていくでしょう。