インテリアコーディネーターとは?

「インテリアコーディネーター」と聞くと、すごくかっこいい感じがしませんか?

 

インテリアという言葉だけでもセンスを問われるというイメージがあるにも関わらず、それをコーディネートするわけですから、なんだかセンスに溢れる人のように感じられます。

 

このインテリアコーディネーターとは、具体的にどのような仕事をしていく人のことを指すのでしょうか。

 

インテリアコーディネーターって?

インテリアコーディネーターとは、簡単に言えば、お客様の要望を取り入れ部屋の家具や照明、カラーや素材などを決め、イメージを形にしていく仕事です。

 

例えば、「カフェのようなイメージの部屋」「和な感じの部屋」といったような、とても曖昧なイメージをお客様から受け取り、その人に合った空間を提供していくことになります。

 

趣味に合わせた空間だったり生活に合わせた空間だったりと、どのようなイメージとなっているのかは人それぞれ異なります。

 

そのため、お客様が持っているイメージをいかに形にすることができるのかという点は、センスや知識、お客様とのコミュニケーション能力などが大きく関係してくると言えます。

 

ハウスメーカーやリフォーム会社、デザイン事務所、建築会社などなど、インテリアに関する様々な場において、活躍している方が多い仕事です。

 

どうすればなれるの?

インテリアコーディネーターになるためにはどうすればいいのでしょうか。

 

一番メジャーな方法としては、資格を取得するという方法があります。

 

ただ、インテリアコーディネーターになるための必須となる資格があるわけではありません。

 

資格を取得しておくと、インテリアコーディネーターとしてお客様から信頼していただくことが出来ますし、就職に有利となることがあります。

 

そして、もう一つの方法として、大学などを卒業してからインテリア業界や企業に就職するという方法があります。

 

独立したいという場合には、企業で様々な経験を積んでいく事も大切になります。