インテリアコーディネーターの関連資格

インテリアコーディネーターの資格は、インテリアの分野だけでなく、建築や環境工学などの分野もカバーしている資格です。

 

しかし、カバーしていると言っても基礎知識がメインなので、フリーのインテリアコーディネーターとして働くにはより深い知識・スキルを身に付ける必要があります。

 

では、インテリアコーディネーターの仕事で役に立つ、またはスキルアップできる関連資格にはどのようなものがあるのでしょうか?

 

建築分野の資格

まずフリーランスのインテリアコーディネーターとして働く人たちのほとんどが取得している「二級建築士」です。

 

インテリアコーディネーターの仕事と特に密接な関わりを持つ建築分野に関わるこの資格は、所定の年数以上の実務経験を有していることが受験資格として設けられています。この二級建築士を取得することで、建築物の設計から工事の進行を管理することができます。

 

インテリアコーディネーターがこの資格を取得すると、室内空間デザイン・施行に必要なほとんど全ての工程を 1 人でカバーすることが可能になります。

 

インテリアコーディネーターの上級資格

次に取得してスキルアップが目指せる関連資格は「インテリアプランナー」です。インテリアプランナーの仕事は、インテリアの企画・設計・工事管理などを行うことです。

 

仕事内容としてはインテリアコーディネーターと重なっていますが、インテリアプランナーの方がより専門的な知識が求められる資格です。

 

インテリアコーディネーターの知識・スキルそのものをレベルアップしたい方は、インテリアプランナーにチャレンジすることをお勧めします。

 

センス向上の資格

最後にインテリアコーディネーターとしてのセンスを磨くための資格があります。それが「カラーコーディネーター検定」です。

 

この資格を通して色彩学を学び、その知識を活かすことでインテリア家具・室内空間デザインの色選びのセンスを高めることができます。

 

色はインテリア選びにおいて重要な判断材料と言われているので、仕事のクオリティを向上させる為に役立つ資格と言えるでしょう。

 

これらの資格も併せて取得することで、顧客からより一層の信頼を得ることができるようになります。