インテリアコーディネーターに求められる能力とは?

インテリアコーディネーターにはどのような能力が必要になるのか、考えた事はありますか?

 

インテリアコーディネーターになりたい理由が、「かっこいいから」「なんとなく」「お洒落だから」というような理由である場合には、どのような能力が必要かという事も考える機会がないかもしれません。

 

明確な理由があってインテリアコーディネーターになりたい場合、仕事で求められる能力を知っておくことによって、実際に仕事をした際にある程度の働きが出来る様になるのではないでしょうか。

 

そこで、インテリアコーディネーターに必要となる能力について見ていきたいと思います。

 

インテリアコーディネーターに必要とされる4つの能力

インテリアコーディネーターに必要とされる能力として、以下の4つの能力が挙げられます。

 

1.コミュニケーション能力
2.流行をキャッチする能力
3.多方面の知識を身につける能力
4.プレゼンテーション能力

 

など、このような能力が必要とされます。

 

インテリアコーディネーターの仕事は、様々なお客様と関わっていく仕事です。

 

そうなると、コミュニケーション能力が重要になります。

 

コミュニケーション能力といっても、ぺらぺらとこちらの意見を話すお喋りのための能力ではなく、お客様の意見をしっかりと聴くという意味でのコミュニケーション能力です。

 

相手の話を聴くことを大切に出来れば、お客様のイメージを形にしやすくなりますし、お客様も相談しやすく意見を伝えやすいコーディネーターとなることが出来ます。

 

やはり何も無いところからお客様のイメージを形にしていくということが大切になる仕事ですので、一番必要となる能力と言えるのではないでしょうか。

 

そして、流行をキャッチする能力も必要となります。

 

これは、インテリアコーディネーターとしての独創性を持たせるためにもとても重要です。

 

流行をキャッチし、どのようなデザインが流行しているのかという事を知っておくことで、その中に自分のオリジナルのコーディネートを取り入れていくことが出来ます。

 

もちろん流行をそのまま取り入れていくだけでは意味がありませんので、オリジナリティを追求する能力ということも大切になります。

 

多方面の知識を身につける能力の”多方面の知識”というのは、例えば建築や設計、美術などなど、様々な業界の知識を意味します。

 

インテリアに関しての知識だけを持っておくのではなく、多方面の知識を身につけることによって、お客様に提案しやすくなりますし、最高のインテリアを提供していくことが可能となります。

 

そして、そのインテリアの提供の際に必要となるのがプレゼンテーション能力です。

 

お客様にいかに分かりやすく説明できるのかという点は、プレゼンテーション能力にかかっています。

 

お客様に満足していただけるようなインテリアコーディネーターになるためには、様々な能力が必要となるのです。