インテリアコーディネーターになるには|資格取得を目指す情報サイト!

インテリアコーディネーター資格を取りたいあなたへ

合格した主婦

全くの未経験だった当サイト管理人が、
1日1時間の勉強を6ヶ月間続けた結果、
念願のインテリアコーディネーター資格試験に1発合格できた勉強法を公開しています。

 

効率よく資格を取得したい

資格試験の攻略法を知りたい

建築やデザインの仕事に興味がある

インテリア業界へ転職を検討中

自宅を快適にコーディネートしたい

自宅のリフォームに活かしたい

 

上記のような方は、参考にしてみてくださいね♪

 

1発合格できた勉強法を今すぐ見る!

 

 

インテリアコーディネーターとは?

仕事内容は?

インテリア・パース

ンテリアコーディネーターを一言で表すなら、快適な住空間を創造する「住まいのスペシャリスト」

 

インテリアに関する幅広い知識を持ち、専門家の立場から、家具・照明・住宅設備などのアドバイスをしたり、顧客の要望に合わせて住空間全体をプロデュースするのが主な仕事です。

 

仕事では、製図やパースの作成能力・コーディネーションスキル・プレゼンスキルなどが求められます。

 

将来性の高い職業

近では、一般住宅のコーディネート以外にも、商業施設や公共施設、オフィスや老人ホームなど、活躍の場はどんどん広がっています。

 

また今後、高齢化社会が進む中で、「バリアフリー」「ユニバーサルデザイン」といったリフォーム市場のさらなる拡大も予測されており、インテリアコーディネーターは将来性の高い職業として人気を集めています。

 

【主な就職先】
建築設計事務所・デザイン事務所・リフォーム専門会社・リフォームショップ・住宅メーカー・工務店・建設会社・照明メーカー・建材メーカー・家具メーカー・デパート・インテリアショップ・雑貨のお店・スーパー・ホームセンター・マンション会社・ディベロッパー・不動産会社・インテリアスタイリスト・ファブリックメーカー・独立開業など

 

インテリアコーディネーターになるには?

資格は必須条件

ンテリアコーディネーターになるには、資格取得後、デザイン事務所や住宅メーカーなどに就職するのが一般的です。

 

仕事を探すうえで、資格の取得は必須です。

 

求人広告などをみても、「有資格者のみ」「経験者のみ」の案件が大半を占めていて、資格を持っていなければ就職活動すらままならないのが現実なんです。

 

資格を取得するメリット

格を取得するメリットは以下になります。

 

一生役立つスキルが身につく
就職・転職の際に優遇される
結婚・出産・子育て後の再就職にも役立つ
業界でも評価が高く実用的
お客さまの信頼を得られる

 

社団法人インテリア産業協会が実施するインテリアコーディネーター資格試験は、年齢・実務経験などの制限は一切なく、初めてでも合格を狙いやすい試験です。

 

実際、合格者の約半数はインテリア業界以外の人、合格者の7〜8割が女性となっており、正しい方法でコツコツと勉強をすれば誰でも合格できる試験です。

 

ちなみに昨年度(平成28年)の最年少合格者は15歳、最年長は73歳でした(*^^*)b

 

業界未経験の主婦がたった6ヶ月で試験に合格できた勉強法!

勉強する主婦のイラスト

それでは、右も左も分からなかったインテリア業界未経験の私が、

 

「一体、どんな勉強法で1発合格できたのか?」

 

包み隠さずお伝えしていきたいと思います!

 

学習方法はどれがいいの?

ず学習方法には、@スクールに通うA通信講座を活用するB独学で勉強する、以上3つがあります。

 

それぞれのメリットとデメリットを簡単にまとめました。

 

メリット

・同じ教室で勉強する仲間がいる
・計画的に継続して勉強できる環境がある
・製図などがまったくの未経験でも安心
・高い学費を払っているので怠けられない
・就職サポートが付いている

 

デメリット

・学費がとても高い
・時間と場所の制約がある
・自宅の近くに学校がない

 

メリット

・通学に比べ学費が割安
・時間や場所に関係なく学べる
・法改正などの最新情報が手に入る
・就職サポートが付いている

 

デメリット

・スケジュール管理をしなければいけない
・相談しあえる仲間がいない
・対面で指導が受けられない

 

メリット

・コストがかからない
・自分のペースで勉強できる

 

デメリット

・質問できる先生がいない
・勉強のペース配分が分からない
・最新の出題傾向など情報が手に入らない
・専門用語を理解するのが難しい

 

どの学習方法がおすすめ?

悩む主婦のイラスト

みに悩んだ挙げ句…わたしが最終的に選んだのは通信講座

 

スクールの学費が高過ぎること、子どもが小さくて自由に外出できないこともあって、通学制のスクールは泣く泣く断念しました…。

 

自由に動ける時間があって、経済的な余裕もある人であれば、スクールの受講を検討してみてもよいかもしれません。

 

私が現在働いている職場でも、スクールに通って試験に合格した同僚は結構多いです。

 

1つ注意をしていただきたいのが、スクールの場合、当たり外れが激しいという話もよく耳にしますので、「有名だから」とか「友達がそこに通ってていたから」といった安易な理由で決めないように気をつけましょう。

 

スクールを選ぶ際は、長期的な視野で、本当に無理なく通えるか慎重に検討する必要があるのです。

 

また、実際に体験授業や無料説明会などに参加し、授業の雰囲気や先生の指導方法なども一通り確認したうえで最終決定すると失敗するリスクも避けられますよ。

 

いくつか学校を回っていると、必ず「ここで間違いない!ここなら効率よく勉強できる!」という気持ちが溢れてくる講座と出会えるものです。

 

受講費をムダにしてしまわないように、「焦らず、じっくり」と検討してみてくださいね。

 

独学でも合格を狙える?

注意する主婦のイラスト

独学でも合格できますか?」

 

よくいただく質問ですが、結論からお伝えすると、市販の参考書や問題集のみの学習では、

 

「かなり厳しい…」

 

というのが正直なところです。

 

私は、最初の段階で独学を候補から外しました。

 

調査会社のアンケートデータでも、合格者の87%以上が「スクールまたは通信講座を受講した」と回答しており、独学の場合、大半の方が途中で挫折してしまうらしいです。

 

わたしも実際に試験を受けてみて、特に2次試験の「製図作成」は、三角スケールを触ったことが無い人なら、100%独学だけで合格するのは不可能だと感じました。

 

独学の場合、「描き上げたパースは正しいのか?」「どこを改善すればいいのか?」といった、細かい部分を客観的にみて指導してくれる人が身近にいないと難しいと思います。

 

通信講座をおすすめする理由

信講座なら、1次試験・2次試験対策込みで4万円〜8万円程度、1次のみ・2次のみの対策であれば1万円前後から用意されています。

 

特に初心者の方は、必ず1次・2次対策どちらもセットになっている講座を選びましょう。

 

「テキスト」「DVD」「講師の添削」「模擬試験」「就職サポート」、全部コミコミでこの値段であれば、とてもリーズナブルですよね。

 

教材さえしっかり勉強すれば、充分に試験合格は狙えますので、あまりお金をかけられない人、時間の融通がきかない人などは、通信講座がおすすめです。

 

さらに、インテリアコーディネーター講座の場合、厚労省が指定する教育訓練給付金の対象講座になっていますから、学費の20%を国から支給してもらえる嬉しい補助金制度も利用できます♪

 

対象になっている講座と、対象になっていない講座があるので、申し込む前に必ず確認するようにしてください。

 

一括資料請求のイラスト

確認する際は、スクール専門の一括資料請求サイト「ブラッシュアップ学び」を利用すると便利です。

 

全国各地の評判の良いスクールや、有名ドコロの通信講座は全て掲載されており、一目でそれぞれの講座の特徴や料金を調べることができます。

 

サービスは全て無料で、複数のスクールからまとめて資料請求もできるので、事前に情報収集する際にとても役立ちます。

 

まずは全ての講座から資料を請求して、それぞれの特徴や違いを確かめてみましょう。

 

「講座の特徴や料金を確認する」ボタン

 

通信講座選びで失敗しないための五箇条

低限、以下ポイントはチェックしたうえで申込みましょう。

 

「添削サポート」は充実しているか

主婦のイラスト

信講座で大切になるのは、

 

@きめ細かい個別添削と丁寧なアドバイスを受けられるか。
A質問に対してスピーディーに回答できるサポート環境が整っているか。

 

以上、2点になります。

 

インテリアコーディネーターの2次試験では、難解問題「製図」があります。

 

突破するには、テキスト以外に「DVD教材」「添削サポート」が無ければかなり厳しいと思います。

 

特に初心者の場合、テキスト学習だけでは「100%無理」と言っても過言ではありません。

 

”教材だけ送ってきて、あとは自己学習で!”というスタンスの講座ではなく、丁寧な添削をしてくれて、いつでも気軽に質問できる環境が整っている講座を選ぶとよいでしょう

 

過去の合格実績はどうか

毎年、合格率70%以上を叩き出す実績豊富な講座もあれば、反対に30%以下の”ちょっとイマイチ”な講座もあります。

 

また驚くことに、合格率が高くサポートも充実している講座の方が、実績の低い講座よりも費用が安いといったケースも珍しくありません。

 

他にも、不合格になった場合、翌年の受講料を全額免除してくれる「合格保証」が付いている講座などもありますので、よく比較したうえで申し込むとよいでしょう

 

教育訓練給付金に対応しているか

教育訓練給付金とは、厚生労働省が指定する講座を受講すると、学費の20%が国から支給される補助金制度です。

 

インテリアコーディネーターは、一部講座のみ対象となっていますので、ぜったい損することがないように、対応・非対応を事前に確認したうえで申込みましょう

 

修了生の就職実績はどうか

通学、通信問わず講座を受講するメリットは、試験合格後に無償で「就・転職サポート」を受けられる点です。

 

スクール選びは、試験対策以外にも、就職活動の良し悪しにも大きく影響してくるのです。

 

実際、わたしも「就職サポート」を利用して、今の職場に就くことができた1人。

 

キャリアウーマンのイラスト

これはあまり知られていない事実ですが、ハローワークや一般の求人サイトに掲載されているインテリアコーディネーターの求人は、多くの人の目に触れているにも関わらず、長期間、応募者の全くいない”かなり微妙”な案件であるケースが非常に多いです。

 

では、福利厚生のしっかりした待遇の良い求人は、どこで募集をかけられているのでしょうか?

 

それは、実績豊富なスクールや通信講座になります。

 

「就・転職サポート」では、専任のキャリアコンサルタントからみて、一定の基準を満たした「優良企業」のみを修了生に個別に紹介しています。

 

企業側からみても、スクールや通信講座の修了生に募集をかけることで、大きな広告費を掛けずに、効率よく優秀な人材のみを募集できるというメリットがあるのです。

 

スクール独自の求人情報は、スクールの在校生と修了生のみ閲覧できるようになっていますので、競争倍率が低く狙い目の案件がたくさん集まっています。

 

各講座の就職実績などは、案内パンフレットに全て記載されていますので、事前に確認しておくことをおすすめします

 

面倒でも全ての講座資料を請求する

講座選びで失敗しないためには、事前の情報収集をしっかりとおこなうことです。

 

まずは面倒くさがらずに、、全てのインテリアコーディネーター講座の資料を取り寄せ、中身を確認してみましょう。

 

資料請求は、全て無料でおこなえます。

 

申し込み後に、「イメージしていたのと違う…」「◯◯◯講座よりも、△△△講座の方が良かった…」と後悔しても後の祭り。

 

講座の資料

「後悔は一生、資料請求は無料」と覚えておきましょう。

 

資料を請求する際は、まとめて取り寄せが可能な「ブラッシュアップ学び」が便利です♪

 

一括資料請求サイトを利用するメリットは、簡単に講座を比較&一括資料請求ができて余計な手間がかからないだけでなく、煩わしい営業電話などが無い点も嬉しいです。

 

ブラッシュアップ学び

ブラッシュアップ学びキャプチャ画像

ロゴ画像
インテリアコーディネーター講座の掲載数No,1の「ブラッシュアップ学び」を利用すれば、全国各地のスクールや通信講座を一覧比較&一括資料請求ができるので便利です。無料で送られてくる資料には、講座の内容以外にも、最新の試験情報や現場で活躍する先輩の声などが豊富に掲載されており、とても参考になります♪

 

詳細ボタン

 

試験対策のポイント

験対策のポイントは、大きく5つあります。

テキストは最低2〜3回は繰り返し読むこと
過去5年分の問題を繰り返し解くこと
2次試験対策を怠らないこと
よく出る分野に絞って効率的に学習すること
限られた時間のなかでムダなく学習すること

 

当然の話ですが、インテリアコーディネーター資格試験は、しっかり正しい対策をおこなえば誰でも合格できるし、適当にやっていたら絶対に合格できません!

 

世の中、そこまで甘くはありませんoo(*≧O≦)ゝ

 

試験範囲も広く、覚えなければいけない項目も多いため、短期間で合格を狙うなら、スキマ時間を有効活用しながら、1日、1日、コツコツ勉強していくのが1番の近道になります。

 

合格率120%!?試験対策の具体的な方法

案内する女性のイラスト

れでは、わたしが実践した試験対策を具体的に説明していきたいと思います。

 

資格試験には一次試験と二次試験があり、一次試験の合格者のみ二次試験に進めます。

 

どちらも合格すると晴れて資格を取得できます。

 

一次試験の詳細

マークシートのイラスト

開催日

毎年10月上旬の日曜日

 

出題形式

マークシート方式(160分)

 

出題内容

@インテリア商品と販売の知識
Aインテリア計画と技術の知識

 

合格ライン

総得点の約70〜75%

 

合格率

全国平均28.1%(平成28年)

 

一次試験の勉強方法

テキストは繰り返し最低でも2〜3回読む

テキストに書いてあることは、最低限覚えなければいけない基本中の基本。

 

家事の合間・休日前・電車の移動時など、とにかくスキマ時間を見つけて、何度も何度も通信講座のテキストを読み込みました。

 

とにかく範囲が広く覚えるべき項目が多いので、まずは全体を把握するためにざっくりと1度読み流し、2度目はじっくり時間をかけて丁寧に読み込み、3度目は復習の意味も込めて、知識を定着させることに重点を置いて読みました。

 

テキストをおろそかにする人も多いのですが、何度も読み込むだけでも、グッと合格ラインに近付けると思います。

 

感情やイメージと結びつけて覚える

試験では、普段暮らしの中で目にしているものの正式名称が問われるのですが、これが本当に覚えにくい( ̄Д ̄;;

 

例えば、木やモールディングを「天井廻り縁」、階段の踏み込む面を「踏み面」、階段の垂直に一段立ち上がる部分を「蹴上げ」といった感じです。

 

聞き慣れない言葉で、なかなか暗記が難しかったので、我が家の床の間やクローゼット、キッチンや階段などを写真に撮り、そこにマジックで名前を書いて、感情やイメージと結びつけて覚えるようにしました。

 

他にもカラーに関する問題であれば、実際に色を塗って視覚的に覚えたり、隣り合った色同士を1つの「絵」のように記憶する工夫をしました。

 

家具などの寸法を頭に入れておく

試験では、洗濯機・冷蔵庫・本・椅子・机の高さなど、一般的な家具の寸法を頭に入れておく必要があります。

 

テキストを読むだけでは頭に入らなかったので、面倒くさがらずに普段からメジャーを持ち歩き、W(幅)x D(奥行き)x H(高さ)を測るクセを付けました。

 

あとは、自分の手を使って親指から小指までの距離は約20cm立った時のおへその位置が約◯◯cm、といったようにメジャーが手元に無くても、自分の体を使ってモノの大きさを測れるようにしていました。

 

実体験と紐付け、体を動かしながら覚えていくのがポイントです。

 

5年分の過去問を繰り返し解く

短期間で合格するには、早い段階から問題の性質や傾向を知ることが求められます。

 

そのためには、休日のまとまった時間などを利用して、何度も過去問を繰り返し解くことが効果的です。

 

わたしの場合、最初に一週間ごとのだいたいの目安をあらかじめ決めておいて、「1日どこまで…」と逆算しながら過去5年分の過去問を合計3回解きました。

 

実際の試験でも、全く同じ問題や似たような問題がたくさん出題されたので、必ずおこなうようにしてください。

 

平成28年度の一次試験の合格率は28.1%となっていますが、地道に対策をおこなえば、一次試験はかなり高い確率で合格できると思います。

 

がんばってください(*^^*)b

 

二次試験の詳細

住宅パースのイラスト

開催日

毎年12月上旬の日曜日

 

出題形式

論文・プレゼンテーション(180分)

 

出題内容

製図やパースの作成

 

合格率

全国平均58.0%(平成28年)

 

受験手数料

14,400円(1次・2次含む)

 

二次試験の勉強方法

最初から模範解答を見ながら解く

二次試験の最大のヤマ場は、何といっても「パース作成」です。

 

わたしは、いちいち時間を計って一から図面やパースを描いている時間が無かったので、最初から模範回答を参考にしながら、見よう見真似で描いて練習しました。

 

上手に描くには独特のコツがあり、スクールや通信講座で添削をしてもらいながら、減点ポイントをしっかり頭に入れることが大切です。

 

実際の試験では、時間が足りなくなってしまい少しあせってしまったので、皆さんは本番の状況をシミュレーションしながら練習に取り組むようにしてください。

 

最初はなかなか上手くいかないと思いますが、何枚も何枚も描いていくうちに、だんだんとコツが分かってくると思います。

 

実際の学習スケジュール

格までの6ヶ月間、以下のスケジュールに沿って学習を進めました。

〜1ヶ月

通信講座のテキストを読みながら、インテリアコーディネーターの役割や商品知識について学び、基礎学力を身につけることに集中しました。

 

1〜2ヶ月

テキスト学習を主軸に据え、最初の1ヶ月目に学んだ内容をさらに掘り下げ、照明・寝装寝具・キッチン用品などの商品知識について理解を深めていきました。

 

2〜3ヶ月

3ヶ月目で、一次試験の過去問(5年分)を一通り終えることができました。1度では理解が不十分だったため、この後も何度も過去問を解く練習をしました。

 

4〜5ヶ月

テキストの読み込み、過去問を継続しておこないながら、図面に関する知識や論文対策などの二次試験に向けての準備を開始しました。

 

5〜6ヶ月

特に製図の作成が難関だったため、通信講座の添削サポートをフル活用しながら、二次試験対策の仕上げをおこないました。

 

6ヶ月〜

一次試験、二次試験ともに合格できました。

 

試験合格後の話…

試験合格イラスト

たしは、約6ヶ月間、1日平均60〜90分の勉強を続けた結果、1次試験、2次試験ともに合格でき、晴れてインテリアコーディネーター資格を取得できました。

 

現在は、フリーランスのコーディネーターを夢見ながら、社員数30名程度の中規模のリフォームデザイン事務所で、週5日間働いています。

 

「あの時、地道に勉強していなかったら…」

 

「試験に合格できていなかったら…」

 

間違いなく、今のような充実した日々は送れていなかったと思います。

 

今、一般住宅のコーディネートはもちろん、商業施設やオフィスなど、インテリアコーディネーターの活躍の場はどんどん拡大しています。

 

もちろん苦労もたくさんありますが、それ以上に、自分でも欲しいもの、素敵だと思うものと一生関わっていけるやりがいのあるお仕事だと思っています。

 

また、女性が社会で活躍するにあたり、これほど絶好の職業はないとも感じており、とても満足した日々を送っています。

 

資格の取得を決意したきっかけ

電球のイラスト

たしが資格の取得を決意したきっかけは、インテリアコーディネーターを目指して、就職活動をしていた時でした。

 

「資格を持っていなくても雇ってもらえる職場はあるはずだ!」

 

「働きながら勉強していけばいい!まずは就職!」

 

業界のことを何も知らなかったわたしは、意気揚々と「リフォーム会社」「住宅メーカー」「デザイン事務所」などなど…

 

片っ端から求人募集をしている会社に面接を申込みました。

 

3ヶ月間で、10社以上は申し込んだと思います。

 

しかし、返ってくる結果は、すべて不採用

 

「あなたをぜひ採用したかったのですが、応募者の中に資格を保有している方がいたため、今回はそちらの方を優先させていただきました。」

 

「あなたの意気込みや志望動機は大変素晴らしいものでした。しかし、今回は募集人数も少ないため、経験のある方を採用いたしました。」

 

散々たる結果に、あの時はかなり落ち込んだことを覚えています。

 

やはり、インテリア業界は、資格を持っていない人間や業界未経験者にはとても狭き門、というのが率直な感想です。

 

それでも、夢は諦められません!

 

その後、一念発起し試験に合格、資格取得後は、トントン拍子に良い方向へ事が進み、今では天職とも思える素敵な仕事に巡りあうことができました。

 

あの時、決断していなければ、今の自分はありません。

 

ほんとに良かったと思っています(*^^*)b

 

これからインテリアコーディネーターを目指すあなたが、わたしの経験談を知ることで、未知なる仕事の不安を少しでも払拭して貰えればと思い、当サイトを立ち上げました。

 

1人でも多くの方が、インテリアコーディネーター試験に合格し、無事資格を取得できることを心より応援しております。

 

管理人の詳しいプロフィールはこちら!

 

講座を受講するならどこがいい?

ブラッシュアップ学びキャプチャ画像

ロゴ画像
インテリアコーディネーター講座の掲載数No,1「ブラッシュアップ学び」を利用すれば、全国各地のスクールや通信講座を一覧比較&一括資料請求ができるので便利です。各講座によって、カリキュラム内容・料金・就職サポートの有無などが異なります。後悔することがないうように、事前に情報収集したうえで申込みましょう。

 

詳細ボタン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【当サイトについて】

いま「インテリア」という言葉をよく目にする機会があります。インテリアとは家具はもちろん、カーペットや照明器具、カーテン、キッチンなどの設備機器などを使用して室内空間をオシャレに、また機能的に彩ることを言います。最近では「インテリア家電」「インテリアグリーン」などのオシャレにデザインされた家電製品が多く販売されています。こうした家電製品も室内で適切な場所に配置することで、より美しくて快適な暮らしができる室内空間が作れます。そのインテリアと空間の調和を図り、心地良い空間をコーディネートする仕事を「インテリアコーディネーター」と言います。では、このインテリアコーディネーターになるには、どのようなステップが必要なのでしょうか。まずインテリアコーディネーターになる為に必要な学歴や資格はありません。しかし、インテリア業界や住宅関連企業への就職を目指す場合、インテリアコーディネーター資格や、インテリアデザイン・オフィスデザイン・建築関連の図面製作において役立つCAD資格などを取得しておくと非常に有利です。インテリアコーディネーター資格は、特に未経験者にとっては必ず必要な資格と言えるでしょう。大学や専門学校でもインテリアコーディネーターについて必要な知識を学ぶことができます。空間デザインや建築関係の知識はとても重要なもので、二級建築士の資格も併せて取得しておくことで、仕事の幅が広がってお客さまからの信頼も得やすいと言われています。またインテリア業界に入った後でもインテリアコーディネーター資格の取得を独学で目指すことができます。【試験の内容】大学や専門学校、または独学で勉強したら、「インテリアコーディネーター資格」にチャレンジしましょう。試験は一次試験と二次試験に分かれていて、どちらかの科目が合格基準点を下回ってしまうと不合格となります。この合格基準点は公表されていません。合格率は、一次試験が 30 % 、二次試験が 60 %です。一次試験が極端に合格率が低いのですが、これはマークシート方式の学科試験です。試験範囲をしっかり押さえて勉強しなければ、点数を獲得することが難しい試験になります。

更新履歴